三浦に小屋を作ります

三浦市初声町に小屋を作って週末暮らすことにしました

ついに外壁を張っています

f:id:rinbe:20161217191851j:plain

はりぼて感のあった小屋も、ついに外壁を張るときがきました。

張り方は、縦張りです。サネのある板を使う場合はフローリングのように重ねていくのですが、今回は素朴感を出したくて加工のないふつうの杉板を使いました。(安いってのもあるけど)

目板となる杉板を打ったあと、隙間をあけながら仕上げの杉板を打っていきます。

 

f:id:rinbe:20161217193113j:plain 

これが目板となる幅90mmの杉板です。85mmのすきまを開けながらまず二本打ちます。あとで上から仕上げの板を張るので、インパクトドライバーでビス打ちにしました。

 

f:id:rinbe:20161217193440j:plain

その上に、仕上げの135mmの杉板を張ります。目板に左右25mm重なるように打ちます。これは仕上げとなるので、見た目のかわいい頭が丸い釘を使います。

f:id:rinbe:20161217193726j:plain

また目板を85mmあけて打ったあと、40mmのすきまを開けて仕上げの板を打ちます。


これをくり返していくのですが、窓やら配線やらが出てきたときは穴を開けたり切り欠いたりすることになります。これが結構大変で、せっかく穴開けたのに場所がずれてたとか、切り欠いたのにはまらないとか、つくずく丁寧な仕事が求められます・・・

あ、あと小口(切ったり穴開けた切り口)にはウッドロングエコを塗ります。ここから腐ることのないように。

 

でも、なんかやっとできてきた感が!半日で、一面の半分くらいすすみました。

f:id:rinbe:20161217212303j:plain

振り返ると、今まで気がつかなかったんだけど、富士山見えました。

 

\今日の材料/

・杉板(幅135mm、90mm)※ウッドロングエコを塗布済み

・ウッドロングエコ(小口に塗る用)

・スリムビス(目板を張る用)

・まる釘(仕上げ材を張る用)

 

\今日の主な道具/

・丸ノコ、手ノコ

インパクトドライバ

・ホールソーとドリルチャック(インパクトに装着して穴を開ける道具)